パチスロ初心者の目押しの練習方法について

パチスロ初心者の目押しの練習方法についてです。

 

パチスロを初めて間もない時は

目押しに苦労する人は多いと思います。

 

私も最初は全くと言っていいほど見えなくて苦労しました。

そこで今回は目押しの練習方法を紹介したいと思います。

 

それでは、ご覧ください^^

 

スポンサードリンク

 

パチスロ初心者の目押し練習方法

目押しの練習方法についてなのですが、

まずは回っているリールをじっくり見て、

ボーナス図柄を見れる状態にしてください。

 

ボーナス図柄がリールを通過したのが

分かるようになればまずはOKです。

 

ボーナス図柄は基本的にリールの中で

目立つようになっていますので、じっくり見ていれば

ちょっとずつでも見えるようになっていきます。

 

はっきり見えなくても色や大きさで判別できれば大丈夫です。

 

また、ボーナス図柄は他の図柄と比べて大きい場合が多いので、

リールの左端や右端を見て、

でっぱっている図柄を探すという方法も見えやすくなると思います。

 

スポンサードリンク

 

ボーナス図柄がはっきりとではなくてもいいので見えるように

なったら、リールが1週するタイミングを覚えてください。

 

ボーナス図柄を基準としてリールが

1週するタイミングを「トン、トン、トン」というように

繰り返しタイミングをとってください。

 

繰り返しタイミングをとっていただくと、

自然にタイミングがとれるようになっていきます。

 

ここまでできるようになりましたら、

あとはボーナス図柄を基準として目押ししていくことができます。

 

リール配列を見て、例えばスイカを狙う時は、

ボーナスの2コマ下にスイカがあるからちょっと早めに

ボーナス図柄を狙って押そうなどというふうに目押しができます。

スポンサードリンク




サブコンテンツ

このページの先頭へ