スロプロの朝一の立ち回りまとめ

スロプロの朝一の立ち回りについてです。

 

スロプロの人は朝一どのように

立ち回っているのか紹介したいと思います。

 

朝一どのように立ち回ればいいのか

わからないという人は参考にしていただけたら嬉しいです^^

 

それでは、お読みください^^

 

スポンサードリンク

 

スロプロの朝一の立ち回り

朝一からの立ち回りは主に以下の3つになります。

・宵越し天井狙い

・リセット台狙い

・高設定狙い

 

現状だと、宵越し天井狙い、

リセット台狙いがやりやすいと思います。

 

まず、宵越し天井狙いについてなのですが、

これは絶対に押さえておきたい立ち回りです。

 

現在大きくパチスロで稼いでいる人で

宵越し天井狙いをメインにやっている人は多いです。

 

宵越し天井狙いについて説明させていただくと、

宵越し天井狙いとは、

前日以前のゲーム数を引き継いでいる台を打つことです。

 

例えば、500ハマリから狙える機種があったとします。

 

その機種が前日600ハマリでホールが閉店したとして、

その翌日に打つという形です。

 

スポンサードリンク

 

データカウンター上は0ゲームですが、

内部的には600ハマリなので狙える台になります。

 

ただし、ここで1つ注意することがあるのですが、

台がリセットされた場合は内部的なゲーム数は0ゲームになります。

 

中にはリセットされても前日以前のゲーム数を引き継ぐ機種も

あるのですが、現在のほとんどの機種はリセットされると

内部的なゲーム数もリセットされて0ゲームになってしまいます。

 

ですので、宵越し天井狙いは据え置き店、

半リセ店で狙っていく形になります。

 

半リセ店の場合はどのような台はリセットしてどのような台は

リセットしないのかホールごとの癖を把握することが大切です。

 

次に、リセット台狙いについてなのですが、

リセット後は恩恵があって狙える機種があります。

 

そういった機種をブログや雑誌で

把握しておいて狙う立ち回りになります。

 

最後に高設定狙いについてなのですが、

これはよりホールの癖を把握することが必要な立ち回りになります。

 

どのような日に設定が入るか、高設定の据え置きはするかなど、

できるだけたくさんの情報があると有利です。

 

スロプロの朝一の立ち回りについて紹介させていただきましたが、

参考にしていただけたら幸いです^^

スポンサードリンク




サブコンテンツ

このページの先頭へ