ガールフレンド(仮) スロット新台|天井・スペック・設定判別・評価・解析まとめ

 

コンセプトは「会いに行きたくなるパチスロ」として登場したのは、恋愛スマホアプリの「ガールフレンド(仮)」とのタイアップ機のガールフレンド(仮)です。2017年7月17日に約7,000台導入です。

 

豊富にカスタマイズできるゲーム性に加えて、女の子たちと仲良くなるというゲーム性が組み込まれるなどの台になっています。

 

この記事では、ガールフレンド(仮)を打つ際に役立つ情報、スペック・解析などを紹介していきます。

 

スポンサードリンク

 

機種概要

ガールフレンド(仮)の基本情報は以下の通りです。

メーカー 平和
仕様 ART機
ART純増 1.8枚/G
ARTタイプ G数上乗せ
回転数/50枚 約46G

 

導入日

導入日 2017年7月17日
導入台数 約7,000台

 

スペック情報

設定 ART 出玉率
設定1 1/244.6 97.7%
設定2 1/236.3 98.8%
設定3 1/219.8 100.2%
設定4 1/189.8 103.4%
設定5 1/178.5 108.3%
設定6 1/140.1 116.2%

 

ボーナス・ART

本機種のボーナスは偶数図柄揃いで疑似ボーナス「GFボーナス」と、7図柄揃いまたはアフタースクールチャンス3回成功から突入する「最終進展ボーナス」、奇数図柄揃いでART「GFタイム」へ突入といった仕様となっています。

 

疑似ボーナス「GFボーナス」

偶数図柄揃いから突入するGFボーナスは、20ゲームの擬似ボーナスとなっています。GFボーナス消化中はベル・レア小役でART「GFタイム」への昇格抽選が行われています。

役割 疑似ボーナス
継続G数 20G
純増 1.8枚/G
突入契機 偶数図柄揃い
ART期待度

※GFタイム昇格時は初期50Gスタート

 

疑似ボーナス「最終進展ボーナス」

女の子1人との最終進展が確定する最終進展ボーナスでは、ウェディング姿の女の子の姿が見られるかもしれません。

役割 疑似ボーナス
契機 7図柄揃い
アフタースクールチャンス3回成功

 

ART「GFタイム」

奇数図柄揃いから突入する本機種のメインART GFタイムでは、ART突入時はまず仲良くなりたい女の子を選択してから開始されます。ART消化中は全役で抽選が行われ、好感度を上げていきます。最終的には、上乗せ突入ジャッジ「アフタースクールチャンス」を目指すというゲーム性になっています。

役割 メインART
初期G数 スクールゲートチャンスで決定
純増 1.8枚/G
突入契機 奇数図柄揃い

 

◆ステージについて

ART中のステージに関しては、好感度の上昇率とリンクしています。好感度が上がれば上がるほどステージがアップし、より有利な展開になります。

 

◆ラブラブ大チャンス

好感度がMAXになると、ラブラブ大チャンスへ突入することとなります。このラブラブ大チャンスでは、女の子からのお願いを聞き出すことができれば、更なるステージとして「アフタースクールチャンス」へ突入するチャンスとなります。

 

◆GFルーレット

DDTに停止すると、デートまたは上乗せ特化ゾーンへの突入チャンスとなります。!

 

◆カットイン

GF図柄揃いで何かが起きるかも?!

 

◆ART引き戻しゾーン「下校の時間」

本機種のARTの引き戻しゾーンとして設置されているのが、下校の時間です。

 

◆スクールゲートチャンス

スクールゲートチャンスはART「GFタイム」の初期ゲーム数を決定するためのゾーンとなっています。ここで獲得するゲーム数に関しては、その都度女の子が告知してくれる仕様となっています。

 

設定差

◆ART突入率

ガールフレンド(仮)では、ARTの突入率は高設定ほど優遇されています。

設定 ART 出玉率
設定1 1/244.6 97.7%
設定2 1/236.3 98.8%
設定3 1/219.8 100.2%
設定4 1/189.8 103.4%
設定5 1/178.5 108.3%
設定6 1/140.1 116.2%

 

ゲーム性について

ガールフレンド(仮)のゲーム性としては、通常時は液晶に図柄が揃えば当たりというとてもわかりやすいゲーム性です。図柄別の発展については以下を参考にしてみてください。

奇数図柄揃い/ART「GFタイム」

偶数図柄揃い/疑似ボーナス「GFボーナス」

キューピット図柄揃い/キューピットチャンス

7図柄揃い/ART+スクールゲートチャンス+最終進展ボーナス

 

◆GFコインとは

10,000GFコインに到達すると前兆へ移行の可能性があります。

 

◆イベント

20ゲーム毎にイベントが変化します。変化するイベント内容によってもらえるカードが異なりますよ。

 

キューピットチャンス

キューピットチャンスの突入契機は、通常時のキューピット図柄が揃うと突入となります。はじめにカードをもらい、そのカードの種類によって期待度が変化するようです。

 

数字が揃うと大当たりとなります。ちなみにこのはじめにもらうカードの枚数は、突入画面の右側の数字に対応しているようです。

 

◆カードの期待度

カードの種類と各種期待度については以下を参考にしてください。

カード 期待度
HR
SR
SSR
UR

 

◆キューピットチャンス突入率

キューピットチャンス突入率は以下の確率になっているようです。

1/55.4〜1/49.8

 

上乗せ特化ゾーンとチャンスゾーン

ここでは、ガールフレンド(仮)のART中の上乗せ特化ゾーンやチャンスゾーンを紹介していきます。

 

スクールゲートチャンス

ART「GFタイム」の初期ゲーム数決定ゾーンがスクールゲートチャンスです。獲得ゲーム数は女の子が告知してくれるので、その告知を楽しみながらゲーム数の決定ができます!

役割 ARTの初期G数決定ゾーン
継続G数
平均獲得G数 60G

 

アフタースクールチャンス

アフタースクールチャンスは好感度が最高潮に高まると突入するジャッジ演出となります。女の子たちからのお願いを聞き出すことに成功すると、上乗せ特化ゾーンである「ドリームデートタイム」へと突入することができます

役割 上乗せ突入ジャッジ
契機 好感度MAX
DDT突入期待度 50%以上

 

◆お願いに失敗した場合

お願いに失敗した場合でも、ミコト先生が登場するとチャンスは継続となります。アイドル真白が登場すれば「ドリームデートタイム」まで必ず発展するかもしれない?!

 

◆お願いの内容について

女の子からのお願いの内容によっても期待度が変化するので注目です。お願い内容が「文化系」ではなく「運動系」のお願いならより期待度が高まります!

 

◆3回成功すると

アフタースクールチャンスを3回成功することができれば「最終発展ボーナス」へと突入することができます。

 

ドリームデートタイム

女の子とのデート中にゲーム数を獲得していく上乗せ特化ゾーンです。女の子との仲が深まれば深まるほどアツい特化ゾーンへと突入可能性が高まります!次回のデートの約束が出来れば、DDTは継続確定となります。

役割 上乗せ特化ゾーン
契機 アフタースクールチャンス成功
最大ループ率 75%

 

◆フォトチャンス

フォトチャンスでは、平均上乗せ30ゲームの上乗せショット1回のチャンスが与えられます。

平均上乗せ 約30G

 

◆フォトチャンスSP

フォトチャンスSPは平均上乗せ60ゲーム。上乗せショットを3回または6回行うことができます!

平均上乗せ 約60G

 

◆シャボン祭

シャボン祭では女の子を泡まみれにして大量上乗せが狙えます。その映像演出からも目が話せないとっておきの上乗せになっています!

平均上乗せ

約300G

 

各種演出

ここではガールフレンド(仮)における各種演出情報を紹介していきます。パチスロだけでしか見られない演出などなどの演出があります。

 

RTC機能

時間帯や季節、曜日によって、女の子のセリフが変化するRTC機能が搭載されている本機種では、同じシチュエーションやセリフでも何種類ものパターンが存在します。何度打っても新鮮な感覚を持つことができますね。

 

ガールセレクト機能

自分の好きな女の子を選択できる機能を搭載。演出やナビ音声など、自分好みの女の子に変えることができるので、より楽しめると思います。最初女の子は6人だけですが、打ち込むほどに人数が増えていき、最大13人から選択が可能となります。

 

パネルカスタマイズ機能

パネルカスタマイズ機能のその種類はなんと驚きの68種類です!自分好みの女の子に筐体をカスタマイズすることができます。

 

総評・まとめ

特に最近増えつつあるスマホゲームとのタイアップ機種のスロットガールフレンド(仮)。恋愛スマホアプリとしても人気が高く知名度抜群とあって、注目している方も多いのではないかと思います。

 

そんなガールフレンド(仮)の特徴は、あきさせないゲーム性とスペック面にあるのではないでしょうか。ART確率がかなり軽めでしかも通常時のベースが46ゲームと高めの仕様になっています。

 

設定6の出玉率(機械割)は116%とハイスペックですから、設定が狙えるのであれば確実に狙って行きたいところですね!

 

また、カスタマイズ豊富でとにかく自分好みにできる仕様です。映像も演出も豊富ですから、コアファンはもちろんライトファンでも楽しめる要素がかなり多い台だと思います。長期稼動が期待できる台として、今後期待できる1台となりそうですね。

スポンサードリンク




サブコンテンツ

このページの先頭へ