CRリング 終焉ノ刻 パチンコ新台|スペック・ボーダー・演出信頼度・評価・解析まとめ

 

ホラーパチンコの代表作とも言えるリングが藤商事から2017年7月3日に新台で登場です。本作品では、右打ち時の出玉が全て2000発という大爆発力のある台となっています。

 

この記事では、そんなCRリング 終焉ノ刻についてのスペックや演出や解析についてなどの情報を紹介しています。

 

スポンサードリンク

 

機種概要

CRリング 終焉ノ刻の基本情報は以下の通りです。

台の名称 CRリング 終焉ノ刻
メーカー 藤商事
仕様 ST

 

導入日

導入日 2017年7月3日
導入台数 約30,000台

 

スペック情報

スペック情報も併せてチェックしていきます。過去台との比較もしてみます。

初当たり確率 1/319 → 1/114
ST突入率 54%
ST回数 168回
ST継続率 約64%
時短回数 100回
賞球数 ヘソ 4個
電チュー 1個
その他 6,8個
アタッカー性能 賞球14個/9カウント
(1Rあたり126個の払出)

 

◆ヘソ入賞時の当選内訳

ヘソ入賞時
状態 ラウンド 電サポ 払出 振り分け
確変 6R ST168回 756個 54%
6R 時短100回 756個 46%

 

◆電チュー入賞時の当選内訳

電チュー入賞時
状態 ラウンド 電サポ 払出 振り分け
確変 16R ST168回 2016個 83%
16R 時短100回 2016個 17%

 

歴代リングとのスペック比較

歴代のリングとのスペックを比較してみます。

 

初代リング(2007年)

初代のリングは確変ループタイプの仕様でした。長時間打っても飽きさせない工夫として、信頼度調節機能や同一リーチ回避機能が搭載されていました。同一リーチが連続すればするほど大当りは目前という分かりやすさの反面、ホラーパチンコという新鮮さもあり、とても人気を集めた機種でした。

 

◆CR リング G

・大当たり確率・・・(通常)1/313→(確変)1/31.3

・確変割合・・・53%

・出玉・・・約1680個

 

◆CRリング N

・大当たり確率・・・(通常)1/359→(確変)1/35.9

・確変割合・・・59%

・出玉・・・約1680個

 

2代目リング(2011年)

◆CRリング~呪いの7日間~

・大当たり確率・・・(通常)1/381→(ST)1/49

・ST突入率・・・100%

・ST回数・・・70回

・初当たり時の出玉・・・約1250個

 

3代目リング(2014年)

◆CRリング~運命の日~

・大当たり確率・・・(通常)1/390→(ST)1/51

・ST突入率・・・100%

・ST回数・・・84回

 

4代目リング(2015年)

この機種は歴代リングの中でも人気の高い機種だったと思います。この4代目に続くのが本作の5代目CRリング 終焉ノ刻になります。

 

◆CRリング~呪い再び~

大当たり確率・・・(通常)1/399→(ST)1/62

・ST突入率・・・70%

・ST回数・・・100回

・ST継続率・・・80%

 

ゲームの進み方

ここでは、CRリング 終焉ノ刻の特徴と大まかなゲームの流れを紹介していきます。

 

特徴

・衝撃の役物演出が暑い夏にぴったり!

右打ち出玉2000発の爆発力

・ヒヤリどきっとさせる演出の数々

・クールな楽曲たちが気分を最高に盛り上げてくれる

 

図柄当たり紹介

図柄大当たりは以下の2パターンです。

1)7図柄揃い…ST確定

2)7図柄以外…Vチャレンジへ

 

Vチャレンジ

Vチャレンジは、井戸枠の貞子の手を握り時間内に貞子の呪いを開放することができればSTに突入することができるという、大当たり中の昇格チャレンジです。もし失敗してしまうと、時短である「呪いの再生モード」へと移行します。

 

ST

ST消化中は168回転以内に1/114で毎ゲーム抽選されていますので大当たりを目指しましょう。この間の大当たりは全て16Rとなりますが、17%は通常大当たりとなります。

 

なお、演出が回転数により、4段階に変化するのも本作品の特徴です。以下4段階の演出変化について記載しておきますので、参考にしてみてください。

 

◆1段階目 貞子突当たりゾーン

回転数/1〜20回転

いきなり手が落下すると何かが起こるかも!?

 

◆2段階目 選べる4つのST

回転数:21〜60回転

1)貞子接近モード

2)呪いのビデオモード

3)プレミアムモード

4)透視・念寫保留モード

 

◆3段階目 選べる4つのST

回転数:61〜160回転

1)山村荘の恐怖モード

2)デジャブ7daysモード

3)夜の森最恐モード

4)井戸からの脱出モード

 

◆4段階目 引き戻しチャンス

回転数:161〜168回転

ボタンプッシュで貞子が覚醒すればアツいかも!?

 

嬉しい機能(怨霊調整機能)

本作品では嬉しい機能として心臓が弱い方向けに恐さを好みにより調節できる機能怨霊調整機能が搭載されています。せっかくの楽しさも、体を壊してしまっては台無しだと思います。自分に合った恐さを見つけて楽しみましょう!

 

◆日常ゲート〜始まりの森〜

怨霊レベル:レベル1

心臓の弱い方向けの設定となっています。

大変マイルドな恐さなので、少し物足りないという方は、レベル2へ。

 

◆戦慄ゲート〜静寂の森〜

怨霊レベル:レベル2

通常レベルの恐さと言ってもいいと思います。

不気味な静寂からの劇的な恐怖演出がより恐怖をそそります。

 

◆最恐ゲート〜終焉の森〜

怨霊レベル:レベル3

本機の中で最強に恐いレベルです!

コアファンも大満足の最恐サプライズ演出

 

リーチ演出各種

ここではいくつかCRリング 終焉ノ刻のリーチ演出を紹介します。今回から追加された新たな演出にも注目です。

 

陽一リーチ

陽一の隠された力が今目を覚ます!?

陽一が覚醒するか否かが勝負の分かれ目かも。

 

呪いの電話リーチ

薄暗い部屋の中、呪いの電話が鳴り響くリーチです。

 

のろわれた女子高生リーチ

モニターに映し出された謎の女子高生たちに不気味な変化が訪れる。

表示される文字色にも期待度の示唆が隠れているかもしれないので、チェックしておきましょう。

 

予告演出各種

ここでは、CRリング 終焉ノ刻恐怖の予告演出を紹介していきます。

 

電話予告

プルルルルルと不気味に鳴り響く電話は、なぜか恐怖を想像させます。

電話音がフリーズするとその時何かが起こるかも!?

 

呪いの連続予告

続けば続くほど期待度は高まる?!

呪いの連続予告では、見るからに不気味な映像が次々と流れ出します。

特殊擬似演出への発展も期待出来る予告です。

 

保留変化予告

保留変化予告では、鏡に映った志津子が振り向くとチャンス?!

 

呪眼キットクル予告

リングといえば「キットクル!」が有名ですが、それを代表するかのような予告です。

 

髪の毛予告

液晶画面に不気味にたれる髪の毛の予告です。

髪の毛が画面全体を覆い尽くすと大チャンスかも!

 

テレビモニター予告

こちらもリングを代表するシチュエーションを再現した予告です。

 

運命の秒刻カウントダウン

運命の日7日よりカウントダウンが始まります。

カウントダウンが終わるとその時何かが起こるかも?!

 

終焉ノ刻予告

終焉ノ刻は本機種CRリング 終焉ノ刻と機種名にもなっているだけあり、最強のリーチです。もちろんその分演出にも力が入っており、これでもかというほど恐怖の連続が味わえる予告となっているようです。CRリング 終焉ノ刻を打つからには見てみたい予告演出ですよね。

 

役物演出各種

リングといえばその特徴的でおどろおどろしい筐体も魅力ですよね。そんなリングならではの筐体役物演出は、CRリング 終焉ノ刻でも健在です。多彩な動きで衝撃的な演出を楽しむことができそうですよ。

 

 変形シャッター役物演出

井戸や刻、貞など多彩に変形する役物に注目の予告です。

 

 呪いの手役物

呪いの手役物に関しては、怨霊調整機能により選択したレベルに応じて演出の仕方が異なるようです。ちなみに、日常ゲートを選択した場合には左右の位置から呪いの手が現れます。

 

そして戦慄ゲートを選択した場合には、下部の位置より呪いの手が競りあがってくる演出になります。最後に最恐ゲートを選択した場合には、リングの定番上部の位置より呪いの手が落下してくる演出が楽しめます。

 

井戸枠の手役物

井戸枠の手に触れる演出が存在する模様です。

 

キットクル役物

キットクルの文字が光るとチャンス?!

 

 

最恐演出(呪縛最恐の刻)

本機種の最恐演出と言われているのが、呪縛最恐の刻です。なんとただでさえ迫力のある液晶画面が、19インチへと変化してしまうという驚きの演出です。

 

等身大の貞子が現れるという異次元サプライズ演出は、期待度は50%ですが、当たるか外れるかよりもその演出内容が個人的に気になってしまいます。

 

楽曲

CRリング 終焉ノ刻で使用されている楽曲を紹介します。CRリング 終焉ノ刻ではオリジナル楽曲を含め全8曲の楽曲が採用されているようです。

1)FEELS LIKE ”HEAVEN”

2)YOU CAN’T STOP(オリジナル)

3)雫 REMIX(オリジナル)

4)I ALWAYS(オリジナル)

5)SO CRY(オリジナル)

6)氷雨(オリジナル)

7)雫(オリジナル)

8)FEELS LIKE ”HEAVEN” HIP HOUSE REMIX(オリジナル)

 

総評・感想

夏と言えばホラーパチンコ!ホラーパチンコの代表作とも言えるリングの新作がついに登場ですね。初代から打ち込んでいるというファンの方も少なくないと思います。演出も役物もなんだか癖になる恐さがリングにはありますよね。

 

そんなリングの最新作CRリング 終焉ノ刻では、可能な限り旧リングのMAXスペックに近づけた形ではありますが、若干劣るのがたまにきずかなと思います。しかし、その分役物や演出などは格段にパワーアップしています。

 

筐体のインパクトとしては、必殺仕事人5やGAROには負けますが、液晶、サウンド、バイブ、エアー、貞子の手役物の気持ち悪さなどは、リング独自の魅力を放っていると思います。

 

恐さの調節が出来る怨霊調整機能というのも、打ちたいでも恐いという人のためにはとてもありがたい機能になりそうです。

 

スペック面からいうと、65%継続と若干辛めの設定ではありますが、ST中の演出が4種類から選択可能だということや、右打ち時の出玉が全て2000発という爆発力がこの台の最大の魅力ではないかと思います。

スポンサードリンク




サブコンテンツ

このページの先頭へ