CR緋弾のアリア2 パチンコ新台|スペック・ボーダー・演出信頼度・評価・解析まとめ

 

藤商事よりCR緋弾のアリア2が2017年2月6日に登場しました。

 

注目はRUSHが3段階に分かれてそれぞれ異なる演出を楽しめるところです。前半のライトニングバレットチャンス、後半の強襲任務アサルトクエスト、100回転以降のエクストラモードと楽しみどころが多い台になっています。

 

そんなCR緋弾のアリア2についてのスペックや演出、モードについてなどの情報をこの記事では紹介しています。

 

スポンサードリンク

 

機種概要

CR緋弾のアリア2の基本情報は以下のようになっています。

台の名称 CR緋弾のアリアⅡ
Aria the Scarlet Ammo
メーカー 藤商事
仕様 確変転落方式
導入日 2017年2月6日
導入台数 約25000台

 

スペック情報

スペック情報も併せてチェックしておきます。過去台との比較もしてみます。

初当たり確率 1/319
確変中の確率 1/63
転落確率 1/113.7
確変継続率 63.8%
電サポ回数 100回+α
賞球数 ヘソ 4個
電チュー 1個
アタッカー性能 賞球15/8C

 

<出玉払出>

ラウンド数 払出
4R 約480個
6R 約720個
10R 約1200個
15R 約1800個

 

<ヘソ当選の内訳>

大当たり 電サポ 振り分け
15R確変 100+α回 5%
6R確変 95%

 

<電チュー当選の内訳>

大当たり 電サポ 振り分け
15R確変 100+α回 70%
10R確変 21%
6R確変 6%
4R確変 3%

 

★過去台と比較してみます

前作でも人気だったシリーズCR緋弾のアリアの第2弾。今作でも前回同様人気だった演出「ガバメントギミックやヒステリアモードなどは健在です。さらに今作から、「アリアビジョン」や「ハーレムビジョン」といった新演出も加わりました

 

前作で人気の「アリアフィギュア」もさらにパワーアップして採用されていますよ。スペック面での変化と言えば、確変転落タイプを採用しているということです。

 

大当たりをした場合、全て確率変動及び電サポモード突入になりますが、毎回転一定確率で転落抽選が行われ、それに当選した場合は内部通常となってしまい、電チューサポートは100回で終了してしまいます。

 

今作でしか見られないオリジナル映像などもあるので、原作好きという方は純粋に打っているだけでも楽しめそうですね!

 

ボーダーライン

交換率 ボーダーライン
2.5円 24.7
3.0円 22.8
3.3円 22.0
3.5円 21.4
4.0円(等価) 20.7
算出条件
6時間遊技・出玉5%減

 

ゲームの進み方

ここではCR緋弾のアリア2の特徴と大まかなゲームの流れを紹介していきます。

 

特徴

・アリアフィギアが更にパワーアップ

・HYPER SCARLET BONUS…15R

・SCARLET BONUS…4 or 6 or 10R

 

大当たり全てにおいて確変でRUSHへと突入します。ただし、変転落タイプを採用しているので毎回転一定の確率で転落抽選が行われているのでそこは頭に入れておきましょう。

 

ゲーム性について

本作CR緋弾のアリア2のゲーム性については、確変転落タイプを採用しているがために、大当たりしてRUSHに突入しても必ずしも継続するとは限らない仕様となっています。

 

RUSH中1/113.7の転落フラグを引くと電サポは継続されるものの、確変は終了してしまいます。連続して確変の恩恵を受けるためには、1/113.7の転落フラグを引く前に1/63を引いて連続させることが必要です。

 

100回転を超えて内部確変が継続していた場合には、エクストラモードに入ります。この時ミッションが発生すると大当たりか転落かの勝負の分かれ道となり、信頼度は55パーセントとなっています。

RUSH 回転数
ライトニングバレットチャンス 前半15回転
強襲任務-アサルトクエスト- 後半85回転
エクストラモード +α延長

 

やめどき

特にやめどきはありません。潜伏状態は搭載されていませんので、右打ち以外だったらいつでもやめてOKです。

 

止め打ち方法

CR緋弾のアリア2は大当たり中と電サポ中に止め打ちをすることができます。

 

オーバー入賞狙い

1)7カウント目までは普通に入賞させる

2)8カウント目を弱く打ち出す(左に流れない程度)

3)8カウント目の打ち出し直後に強めに2発打つ

※以降1~3の手順を全ラウンド行います。

 

電サポ中

電サポ中の止め打ちは少々難易度が高く、3種類の小デジパターンをチェックしながら打つ必要があります。

 

【手順】

・ 左点灯時/3回開放1セット

1)1回開放目が完全に開いたら打出停止

2)2回開放目が閉まると同時に打出再開

 

・右点灯時/2回開放1セット

1)1回開放目が完全に開いたら打出停止

2)2回開放目が開くと同時に打出再開

 

・左右点灯時/1回開放1セット

1)1回開放目が完全に開いたら打出停止

2)約1秒後、打出再開

 

予告演出各種

ここではCR緋弾のアリア2の演出について紹介していきます。今回から追加された新たな演出にも注目したいですね!

 

先読み予告

先読み予告は玉入賞時にイルミパネルが点滅する演出アリアフラッシュが出たら白色でも期待度大です。

パターン 信頼度
エクストブースト 50%
アリアフラッシュ 26%
67%
メモリーチェンジRUSH TOTAL 13%
4%
58%
デンジャー柄 74%
VS系示唆 6%
ハート 15%
ヒステリア示唆 16%
チャンス目予告 理子 4%
白雪 44%
アリア 70%
ブローバック先読み 7%
6%
26%

 

5大演出

変動中のブラックアウトから発展する次回予告は、示唆するリーチ内容や表示される予告に注目です。他にも風穴ボタンのラッキーパトは激アツで、CARLET ZONEは発生すればリーチの最終形態到達が濃厚になるなど見逃せない演出になっています。

総合信頼度
次回予告 48%
アリアフィギュア予告 60%
DANGER ZONE 74%
SCARLET ZONE 41%
風穴ボタン 74%

 

ヒステリアモード

大当たりに絡みやすい主人公のキンジがヒスると突入するヒステリアスモード。VSリーチやストーリーリーチに発展する可能性も大です。前作と同じく赤以上にモードアップすれば、さらに期待度もアップします。

ヒステリアモード信頼度
TOTAL 30%
ノルマーレ(紫) 12%
アゴニザンテ(赤) 39%
ベルセ(金) 70%
ストック・0個 21%
ストック・1個 19%
ストック・2個 46%
ストック・3個 64%
ストック・4個 大当たり濃厚
ストック・5個 大当たり濃厚

 

その他の予告いろいろ

赤系の演出は予想以上に期待度が低いので、あまり期待はできないです。金色以上の演出だと期待できます。

その他予告信頼度
パターン 信頼度
ヒロイン急接近 19%
7図柄テンパイ 47%
キャラカットイン ジャンヌ 7%
キンジ 9%
アリア(制服) 20%
アリア(メイド) 43%
ハーレム
ちゃんす
変動中 12%
ノーマルリーチ中 16%
キャラ系リーチ中 54%
キンジ登校 ハーレムちゃんす
発生
13%
ステップアップ2
41%
ステップアップ2
デンジャー柄
75%
変動中
ボタン予告
ヒロイン急接近 29%
次回予告 49%
双剣予告 白エフェクト 1%
赤エフェクト 44%
背景変化 4%
突然ST変動 5%
ヒロイン急接近 24%
次回予告 43%
銃弾ステップアップ 14%
45%
ガバメント
ステップアップ
ステップアップ4
ピンク
11%
ステップアップ4
13%
ステップアップ4
43%
シャッター予告 6%
41%
CHANCE 2%
VSアイコン 10%
激熱 60%
EPISODE
CHANCE
TOTAL 6%
アリア&白雪 4%
アリア&理子 4%
アリア
&白雪&理子
18%
ゲームセンター 大当たり濃厚!?
2段階目 3%
3段階目 40%
4段階目 大当たり濃厚!?
SHOOTING
COMBO
TOTAL 6%
通常タイトル 4%
赤タイトル 20%
金タイトル 53%
50~70コンボ 4%
80~90コンボ 61%
100コンボ 大当たり濃厚!?

 

リーチ演出

ストーリーリーチであるグッバイ・アリアは本機で最も期待度の高い最強のリーチになっています。主人公のキンジが兄と対決するリーチも信頼度の高いリーチなので見逃せないです。

総合信頼度
グッバイ・アリア 74%
不可視の銃弾 48%

 

VSリーチ

ショート、ミドル、ロングの3段階の演出があるVSリーチでは、ロングに発展することで期待度がアップします。注目はタイトル色やカットイン色で、色によって期待度が変化します。

総合信頼度
砂金の楼閣 35%
無限罪のブラド 13%
緊急任務の罠 12%

 

チャンスアップ信頼度
タイトル
8%
28%
65%
カットイン なし 29%
54%
78%

 

その他のリーチ

その他リーチ信頼度
パターン 信頼度
緋弾覚醒リーチ 51%
アリアTHEパトちゃんす 50%
バスカービル復活カウントダウン 34%
温泉研修リーチ 8%
バスカービルアタック TOTAL 15%
【B】以下 12%以下
【A】 54%
2段階目 5%
3段階目 10%
4段階目 34%
水着で騎馬戦リーチ TOTAL 7%
ショート 4%
ロング 30%
緑エフェクト 3%
赤エフェクト 29%
金エフェクト 57%
楽曲系リーチ ジャンヌ 2%
レキ 2%
理子 2%
白雪 2%
アリア 34%
キャラ系リーチ ジャンヌ 2%
レキ 3%
理子 3%
白雪 7%
アリア 15%

 

RUSH中のお楽しみ演出

RUSH演出は、パートナーを選んで消化できるシステムになっています。各パートナーによって特徴があるので、それぞれの特徴をチェックしておくとRUSH中の演出を楽しむことができます。

 

キャラによって「強襲任務」のゲーム性も大きく変化することにも注目です。パートナーそれぞれの特徴は以下を参考にしてください。

 

・アリア…バランスの良いタイプ

・理子…先読みがバラエティー豊富

・白雪…先読み発生はありませんが、発展先を決めるルーレットがカギ

・ジャンヌ…フリーズ演出からの突当たりがメイン

 

アリアがパートナー

予告演出信頼度
カウントダウン予告 61%
89%
メモリーチェンジRUSH 12%
ピンク 43%
81%
ヒステリアルート匂わせ予告 通常 3%
チャンス 20%
トリプルテンパイ煽り予告 失敗→復活 69%
1画面成功 12%
2画面成功 63%
カツェ 19%
ヒルダ 27%
ココ 67%
レキ狙撃予告 48%
アリアスタンバイ予告 56%
SCARLET ZONE 77%
DANGER ZONE 大当たり濃厚

 

リーチ演出信頼度
トリプルバレット 1回目 17%
2回目 57%
バトルリーチ 敵先制 29%
味方先制 63%
イ・ウーバトル 50%
ヒスって連打チャンス 20%

 

理子がパートナー

予告演出信頼度
カウントダウン予告 85%
92%
メモリーチェンジRUSH 2%
ピンク 13%
74%
ヒステリアルート匂わせ予告 通常 1%
チャンス 7%
激熱 42%
理子チョイス予告
(1回目)
理子ルート 12%
BATTLE 28%
もう1回 79%
理子チョイス予告
(2回目)

(バトル発展)
61%
大当り!? 超激アツ
レキ狙撃予告 47%
アリアスタンバイ予告 49%
SCARLET ZONE 73%
DANGER ZONE 超激アツ

 

リーチ演出信頼度
バトルリーチ 敵先制 30%
味方先制 63%
ヒステリアチャンス 12%
イ・ウーバトル 50%
ヒスって連打チャンス 20%

 

白雪がパートナー

予告演出信頼度
ヒステリアルート匂わせ予告 通常 4%
チャンス 20%
白雪ルーレット
(1回目)
「…」→継続 58%
BATTLE 37%
CHANCE 18%
行きます! 6%
決めます! 17%
激熱です!! 86%
白雪ルーレット
(2回目)
2匹目の
泥棒ネコ!!
45%
既成事実 80%
60%
天誅 47%
レキ狙撃予告 44%
アリアスタンバイ予告 50%
SCARLET ZONE 79%
DANGER ZONE 超激アツ

 

リーチ演出信頼度
バトルリーチ 敵先制 28%
味方先制 63%
天誅リーチ 前半 14%
後半 47%
イ・ウーバトル 50%
ヒスって連打チャンス 20%

 

ジャンヌがパートナー

予告演出信頼度
カウントダウン予告 80%
89%
ヒステリアルート匂わせ予告 通常 2%
チャンス 16%
ジャンヌお絵かき予告 通常 10%
ロング 66%
バトル発展
(弱)
21%
バトル発展
(強)
68%
ジャンヌフリーズ予告 18%
レキ狙撃予告 52%
アリアスタンバイ予告 60%
SCARLET ZONE 68%
DANGER ZONE 超激アツ

 

リーチ演出信頼度
バトルリーチ 敵先制 17%
味方先制 63%
イ・ウーバトル 50%
ヒスって連打チャンス 15%

 

新規楽曲

本機種CR緋弾のアリア2ではオリジナルキャラソングを5曲収録しています。原作ファンも多い機種ならではの特典ですよね。新規楽曲は以下のようになっています。

曲名 CV
ツヨガリテイル 釘宮理恵
Calla Lily 高橋美佳子
TRICK OR TRAP 伊瀬茉莉也
キミのものに… 石原夏織
Saint Blizzard 川澄綾子

 

総評・まとめ

本作CR緋弾のアリア2の注目すべき点はやっぱりスペックだと思います。以前JAWS等でも使われた確変転落方式が採用されています。

 

とりあえず当たれば100%RUSHには突入できるので、スタートラインに立つことは可能です。しかし、転落率の1/113.7と言う数字が、引きそうで引かなそうな微妙なラインの数字になっていると思います。

 

そんなCR緋弾のアリア2は、本機種ならではの映像や楽曲なども盛り込まれていますので、そのあたりも併せて楽しめそうな台になっています。

スポンサードリンク




サブコンテンツ

このページの先頭へ