バジリスク3 スロット新台|天井・スペック・設定判別・評価・解析まとめ

 

バジリスク3は2016年11月28日より導入されています。

 

もう打った人も、これから打つぞという人も、ここで天井やスペック、設定判別やフリーズ演出などなど、チェックしていってください。

 

スポンサードリンク

 

目次

基本情報とスペックについて

機種概要

バジリスク3の基本情報は以下の通りです。

メーカー ユニバーサル
仕様 A+ART機
ART純増 約1.7枚

(ボーナス込2.0枚)

回転数/50枚 37.6G
導入日 2016年11月28日
導入台数 約45,000台
天井 1200G

 

スペック情報

スペック情報も併せてチェック。過去台との比較もしてみましょう。

設定 バジリスクチャンス ART 機械割
設定1  1/993 1/377 98.5%
設定2 1/964 1/363 99.8%
設定3  1/936 1/357 102.0%
設定4  1/910 1/312 104.0%
設定5  1/886 1/316 107.1%
設定6  1/819 1/256 110.1%

 

過去台と比較してみます

根強い人気をほこるバジリスクですが、以前からのその人気の要因の1つは、設定6の安定感&機械割にあったと思います。今回のバジリスク3では、設定456の機械割が相当低いようなので、以前のようにはいかないかもしれません。

 

特に注目すべくは、機械割119%が無くなったという事かもしれません。でも、設定1と2の機械割に関しては、歴代で一番良いみたいなんで、そこは期待できますね。

 

ボーナス確率・出玉率

バジリスク3のボーナスと言えば、バジリスクチャンス!

確率は以下の通りです。

設定1 1/993
設定2 1/964
設定3 1/936
設定4 1/910
設定5 1/886
設定6 1/819

 

ボーナス突入は図柄黄色BAR揃いまたは青色BAR揃い。平均獲得枚数は約200枚で、ART(ストック)期待度は約38%となっています。ART非当選の場合は高確スタートです。詳しくはまた後程の詳細を参考にしてください。

 

ART

ART初当たり確率はこのような感じです。

設定1 1/377
設定2 1/363
設定3 1/357
設定4 1/312
設定5 1/316
設定6 1/256

 

バジリスク3のARTは「追想の刻」と「争忍の刻」で1セットです。純増約1.7枚で継続G数1セットにつき35Gになっています。ARTの開始画面が弥之介~朧〜天膳の順に低〜高と内部継続モードを示唆されていて、ここの画面演出も見逃せません。

 

ボーナス

バジリスクチャンスとプレミアムバジリスクチャンスについて。

 

バジリスクチャンス

本作においてもBIGは約200枚のバジリスクチャンスとなっています。バジリスクチャンス消化中にはARTストック抽選を行っており、高確率を引くことが出来れば、ART突入でさらには継続のチャンスです。

 

●出現率について

設定格差が大きいバジリスクチャンスの出現率については、その契機に注目してください。単独と弱チェリーからのバジリスクチャンス出現率の合算で見ると、設定1だと1/10922〜設定6で1/4096というのが目安になります。

 

弱チェリーとバジリスクチャンスは高設定ほど優遇され、黄バジリスクチャンスは偶数が若干優遇されます。また青バジリスクチャンスは奇数が若干優遇となっています。

 

●小役別バジリスクチャンス当選率

小役 選率当
リプレイ 0.02%
チャンスベル  9.89%
強チェリー 7.79%

 

設定 弱チェリー 巻物
設定1 0.24% 2.59%
設定2 0.23% 2.59%
設定3 0.43% 2.91%
設定4 0.41% 2.91%
設定5 0.58% 3.21%
設定6 0.74% 3.21%

 

プレミアムバジリスクチャンス

白BARぞろいで突入するプレミアムバジリスクチャンスでは200枚の純ボーナスと高ループのARTストックが特徴です。通常のバジリスクチャンスと比較しても、ARTのストック獲得率が高いので、引くなら断然プレミアムバジリスクチャンスを引きたいですよね!

 

ボーナス消化中の瞳術揃いもバジリスクチャンスよりも優遇されているのでかなりの高確率でARTストックができることが期待できます。当選契機は強チェリーと巻物からのみの当選で、当選率はいずれも1/65536となっており、合算すると1/32768となります。

 

●プレミアムバジリスクチャンス当選率

小役 出現率
リプレイ 1/65536.0
チャンスベル 1/65536.0

 

<黄色バジリスクチャンスの出現率>

設定 リプレイ チャンスベル 弱チェリー
設定1 1/65536.0 1/7281.8 1/65536.0
設定2 1/65536.1 1/5957.8 1/65536.0
設定3 1/65536.2 1/9362.3 1/32768.0
設定4 1/65536.3 1/5957.8 1/32768.0
設定5 1/65536.4 1/9362.3 1/21845.3
設定6 1/65536.5 1/5957.8 1/16384.0

 

設定 強チェリー 巻物   単独
設定1 1/5957.8 1/8192.0 1/32768.0
設定2 1/5041.2 1/8192.0 1/21845.3
設定3 1/7281.8 1/7281.8 1/32768.0
設定4 1/5041.2 1/7281.8 1/21845.3
設定5 1/7281.8 1/6553.6 1/32768.0
設定6 1/5041.2 1/6553.6 1/16384.0

 

設定 黄バジリスクチャンス

トータル出現率

設定1 1/2048.0
設定2 1/1771.2
設定3 1/2184.5
設定4 1/1680.4
設定5 1/2048.0
設定6 1/1524.1

 

<青色バジリスクチャンスの出現率>

設定 リプレイ チャンスベル 弱チェリー
設定1 1/65536.0 1/7281.8 1/65536.0
設定2 1/65536.1 1/9362.3 1/65536.0
設定3 1/65536.2 1/5957.8 1/32768.0
設定4 1/65536.3 1/9362.3 1/32768.0
設定5 1/65536.4 1/5957.8 1/21845.3
設定6 1/65536.5 1/9362.3 1/16384.0

 

設定 強チェリー 巻物   単独
設定1 1/5957.8 1/8192.0 1/32768.0
設定2 1/7281.8 1/8192.0 1/21845.3
設定3 1/5041.2 1/7281.8 1/32768.0
設定4 1/7281.8 1/7281.8 1/21845.3
設定5 1/5041.2 1/6553.6 1/32768.0
設定6 1/7281.8 1/6553.6 1/16384.0

 

設定 青バジリスクチャンストータル出現率
設定1 1/2048.0
設定2 1/2259.9
設定3 1/1724.6
設定4 1/2114.1
設定5 1/1638.4
設定6 1/1872.5

 

高設定台判別について

バジリスク3を打つ前に知っておきたい高設定台判別の方法を紹介します。

 

覚えておきたい高設定確定演出

バジリスク3では追想の刻が40G継続した場合には、設定6が確定します。

 

この時バジリスクチャンスを引いたとしても40Gが確定するパターンであれば6確を確認することが出来ます。

 

それ以外の高確率確定演出は以下の通りです。

 

1)バジリスクチャンス1回当選で40G/60G/100G継続で設定6確定

2)バジリスクチャンス2回当選で70G/110G/120G/160G継続で設定6確定

3)バジリスクチャンス3回当選で30G/170G/180G/220G継続→6確定

 

バジリスクチャンス中のテンパイボイスにも注目!

以下のような言葉があれば、高確率設定かもしれません。打ちながらキャラが発する言葉にも注目しましょう。

・弦之介/「もはや後には引けぬ」

・弦之介/「この好機、逃すことはない」

・弦之介/「我が瞳術の敵ではない」

・朧/「もう一度、お逢いしとうございます」

・朧/「嬉しき予感が致します」

・朧/「この時を待ち焦がれておりました」

 

設定判別基準について

設定示唆をしている演出については、「追想の刻」の5の倍数話(5話/10話/15話/20話)で下記のキャラが出現することがあります。

 

家康か天海が出現した場合には、設定5・6に期待が持てます。また半蔵か響八郎が出現した場合は高設定を示唆しています。

 

その他にもこちらの基準でチェックしてみてください。

《第5話》忍者六儀/豹馬・天膳

《第10話》神祖御諚/弦之介・朧

《第15話》波濤獄門/刑部・天膳

《第20話》仁慈流々/陽炎・朱絹

 

弱チェリーの出現率で設定判別

設定 弱チェリー出現率
設定1 1/79.7
設定2 1/75.2
設定3 1/70.9
設定4 1/67.3
設定5 1/63.9
設定6 1/60.8

 

ART突入画面で設定チェック

高設定台の判別基準として、ART突入画面において、朧出現率が高いことが挙げられます。また、天膳の出現があった場合には、高設定の期待度がかなりアップしますので見逃せません!

設定 弦ノ介 天膳
設定1 84.0% 16.0%  –
設定6 70.3% 27.0% 2.7%

 

弾正屋敷移の頻度からも設定判断基準に?!

偶数設定の方が高確に移行しやすく、高確率移行率は偶数・奇数で異なる可能性があります。設定が奇数の場合は、およそ1/148で移行。そして偶数の場合は、1/110で以降するという具合になっています。この結果も設定判別に役立てたいですね。

 

各初当たり・時給・スペック

打つからには稼ぎたい!各初当たり・スペック・時給をチェックしておきましょう!

設定 ボーナス ART 合算 機械割 時給
設定1 1/993 1/377 1/273.1 98.5% -719円
設定2 1/994 1/363 1/263.7 99.8% -95円
設定3 1/936 1/357 1/258.4 102.0% 961円
設定4 1/910 1/312 1/232.4 104.0% 1921円
設定5 1/886 1/316 1/233.0 107.1% 3409円
設定6 1/819 1/256 1/195.2 110.1% 4849円

 

天井・ゾーン情報・ヤメ時・リセット恩恵など

ここからは天井や狙い目、ヤメ時など立ち回りに必要な情報を紹介していきます!

 

天井・狙い目・ヤメ時

天井はART間1200G。恩恵としては、周期チャンスゾーンに加えてARTの当選です。

 

消化G数は画面左下で確認できます。ボーナスを挟んでも有効な数値なので,データカウンターとのずれに注意が必要かもしれません。

 

天井に到達したときは、周知チャンスゾーンに成功した場合、天井分と合わせて二つのARTを獲得できます!

 

まとめ

●天井ゲーム数

ART間1200G

※途中ボーナスを挟んでも有効。

天井到達時の恩恵は周期チャンスゾーンとARTの当選が確定。

 

●天井狙い目・ヤメ時

狙い目/ART間630G〜

ヤメ時/ART・ボナ後、前兆・高確を確認してヤメ

また、その際に謀略の道ステージ、卍谷月下ステージや弾正屋敷ステージに突入したら、引き戻し前兆のステージになります。

 

天井期待値

<天井期待値概算>

G数 等価

56枚交換

持ち玉

56枚交換

現金投資 金投資機械割 PAYOUT
0G -555円 -495円 -1477円 98.5%
100G -407円 -364円 -1322円 98.9%
200G -217円 -193円 -1122円 99.4%
300G 29円 26円 -865円 100.1%
400G 347円 310円 -533円 101.0%
500G 757円 676円 -107円 102.3%
600G 1287円 1149円 440円 104.2%
700G 1971円 1760円 1141円 106.9%
800G 2854円 2548円 2037円 111.1%
900G 3995円 3567円 3180円 117.8%
1000G 5468円 4882円 4630円 129.7%
1100G 7370円 6581円 6460円 153.1%

参考サイト:すろぱちくえすと様

 

ゾーン情報

目だったゾーン傾向は見当たらないものの、100G以内の当選確率が上がっているのは高確率スタートや引き戻し周期チャンスゾーンの影響だと考えられます。

 

リセット恩恵

今回のバジリスク3では、朝一の天井短縮などの恩恵はない様子。ハマり台の狙い目は通常通りで問題ありません。バジリスク2・バジリスク絆と伴に高確へ移行しやすくなるのがバジリスクシリーズの特徴でもあり人気のポイントの1つだと思います。

 

今作では、弾正ステージ移行などの際はリセットの可能性がありますので、その点も踏まえて見ておくといいかもしれません。

 

項目 リセット 電源ON・OFF
天井 再抽選 引き継ぐ
周期ゲーム数 再抽選 引き継ぐ
内部状態 再抽選 引き継ぐ
内部モード モード1確定 引き継ぐ
ステージ 甲賀卍谷 引き継ぐ

※リセット時には、確移行率などに設定差の影響がある可能性があるので、朝一台のチェックは時間があればしておくことに越したことはなさそうです。

※稀なことだとは思いますが、閉店時からの遊戯履歴が残っていることがありますが、こちらはリセット判別には使えることはありません。

 

打ち方

バジリスクシリーズの魅力である目押し不要の打ち方はそのままに。リアルリールには、チェリーや巻物が登場しています。ART中でも目押しの必要はありません

 

通常時の打ち方

全てのリールがフリー打ちで大丈夫です。変則的な押し方をしたとしても罰則などはありません。

 

ボーナス・AT中の打ち方

基本は通常時と同じで全てのリールフリー打ちでOK。逆押しを狙うならボーナスに期待出来る場面や強役後は右リール中段に青 or 黄BARを狙ってみてください。もしその時に中断に停止すれば、強チェリーか巻物かバジリスクチャンスが確定します。押し順ナビが発生したら、逆押しで赤BARを狙って、揃えばART確定です。

 

停止形による成立役について

チャンス目

順押しで「ベル・ベル・リプレイ」

ハサミ打ち時にベルテンパイハズレ

 

チェリー

強チェリー/連チェリー

弱チェリー/非3連チェリー(右リール中段にベル)

 

ベル

中段ベル揃い/押し順ベル or 共通ベル(ともに9枚)

左リールベル停止で払い出し1枚/ベルこぼし1枚役

左リールベル停止で払い出し無し/べルこぼし目

 

巻物

上段巻物揃い・右下がり巻物揃いは巻物

 

リプレイ

中段リプレイ揃い/通常リプレイ

右下がりリプレイ揃い/昇格リプレイ1

 

小役確率

通常時の小役確率

押し順ベル 9枚 1/5.2
共通ベル 1/11.2
強チェリー 1枚 1/222
巻物 再遊技 1/100
チャンスベル 9枚 1/360

 

設定 通常リプレイ ART中リプレイ 弱チェリー
設定1 1/7.9 1/1.454 1/79.7
設定2 1/1.456 1/75.2
設定3 1/1.457 1/70.9
設定4 1/1.459 1/67.3
設定5 1/1.461 1/63.9
設定6 1/1/463 1/60.8

 

バジリスクチャンス中

小役 確率
共通ベル 1/1.1
チャンスベル 1/163.8
弱チェリー 1/60.8
強チェリー 1/128.0
瞳術揃い 1/163.8
瞳術揃いフェイク 1/10.6

 

小役の期待度

ビックボーナス同時成立時の期待度

小役 期待度
リプレイ 0.02%
チャンスベル 9.9%
強チェリー 7.8%

 

設定 弱チェリー 巻物
設定1 0.24% 2.59%
設定2 0.23% 2.59%
設定3 0.43% 2.91%
設定4 0.41% 2.91%
設定5 0.58% 3.21%
設定6 0.74% 3.21%

※チャンスベルや強チェリーなどに期待が持てそうですね。

 

ARTストックが獲得できる期待度は、弱チェリー<巻物<チャンスベル<強チェリーとなっています。また「無双連撃」当選期待度は、弱チェリー<巻物<強チェリー<チャンスベルとなっています。

 

演出と期待度

なんといっても原作の漫画やアニメも人気のバジリスク、その演出も人気の1つだと思います。ここではバジリスク3における演出と各ステージ別の期待度について紹介します。

 

通常演出

通常時では周期抽選を採用しています。周期チャンスゾーン当選時の前兆はゲーム数5〜24Gでチェック。また周期チャンスゾーン抽選は、周期到達ごととなっており、残りの周期は液晶出目(玉の模様)などで示唆されています。レア小役出現の場合には短縮の可能性もあります。

 

ステージ期待度は以下の通りです。

甲賀卍谷
伊賀鍔隠れ
甲賀弾正屋敷 チャンスゾーン高確
謀略の道 前兆示唆
卍谷月下 チャンスゾーン期待度大の前兆示唆

 

レア小役における周期短縮

先ほども述べましたが、レア小役の出現で、周期短縮に当選が決まると、残りの周期が0になり、周期チャンスソーン抽選が行われます。その当選確率目安としては、巻物 25%/チャンスベル 66.8%/強チェリー   100%となっています。

 

高確率移行と内部状態

強チェリーかハズレで高確率移行への抽選が行なわれています。この時高確率に当選した場合には、5〜50Gの高確率ゲーム数を獲得することになります。なお高確率中に周期に到達すれば、周期チャンスゾーン確定です。

 

周期到達の示唆については、銀が3つ揃えば周期到達が確定になる。液晶にタカ玉が出現しやすくなるなど様々な示唆演出があります。

 

以下各種演出をチェックしてチャンスを見逃さないようにしてください。

・高確確定

周期チャンスゾーン/ART後甲賀弾正屋敷スタート

 

・周期モード1確定

周期チャンスゾーン/ART後に伊賀鍔隠れスタート

 

・周期モード1を示唆

レバーオンで墨演出からステージ名表示

 

・周期チャンスゾーン前兆残り16G以下が確定

周期チャンスゾーン・ART・バジリスクチャンス後に謀略の道または卍谷月下スタート

 

・周期モード1かつチャンスゾーン前兆残り8G以下が確定

バジリスクチャンス後に伊賀鍔隠れ or 甲賀卍谷スタート

 

周期抽選情報

今作のバジリスク3では、周期管理にてチャンスゾーンが抽選され、2種類の前兆があります。一つは謀略の道、そしてもう一つは、卍谷月下です。どちらかというと、チャンスゾーン当選確率は、卍谷の方が高いです。周期抽選は、1周期最大256Gで1周期平均約100G(前兆ゲーム数込み)となっています。

 

周期の種類とモード

1~3種類の周期モードにより、今回のバジリスク3は周期管理されています。周期到達時のチャンスゾーン当選率にはそれぞれその種類により差があります。

 

周期モードの特徴はこのようになっています。

モード別の周期ゲーム数振り分け

周期ゲーム数 周期モード1 周期モード2
1~32G 0.4% 0.4%
33~64G 9.8% 1.6%
65~96G 1.6% 9.8%
97~128G 19.5% 2.7%
129~160G 2.7% 19.5%
161~192G 0.4% 0.4%
193~224G 15.6% 15.6%
225~256G 50.0% 50.0%

 

周期ゲーム数 周期モード3
1G 100%

 

偶数の方が移行しやすい周期モード1。

奇数の方が移行しやすい周期モード2。

チャンスゾーン確定は設定3・5・6で移行しやすい傾向にあるようです。

 

なお周期とは別に通常・高確という内部状態が通常時には存在します。周期抽選は弱チェリー・ハズレで行われ、高確率を示唆している場合は、弾正屋敷ステージへと移行します。この時のチャンスゾーン確定は、高確率中に周期を迎えるということです。

 

激熱高期待度パターンは?

知っておきたい激熱パターンはこの3つです。

 

1)駿府城ミッション突入濃厚期待

「朝霧の決断」が1G目で決着(成功)

 

2)駿府城ミッション突入濃厚期待

「宿怨の結末」が発生

 

3)駿府城ミッション突入濃厚期待

謀略の道で「和睦の舞を演じきれ」に発展

 

ART(バジリスクタイム)演出

本作では前作同様ストーリー進行型のART演出となっており、その内容は全部で24話。内容も2部構成とお馴染みの内容になっています。

 

ただ今までと少し違うのは、争忍の刻を消化中に無想ポイントが抽選されどんどんポイントが溜まっていくようです。そのポイント数によって、継続バトルに勝利した際の恩恵にプラスアルファがあります。ここは今までと少し違うので、本作を打つ時にはドキドキ感が増えるポイントかもしれません。

 

バジリスクタイムのARTの契機はチャンスゾーン経由またはボーナス経由で純増は1.7枚(ボーナス込み)。継続G数は1セット約45G(追想+争忍)となっています。

 

開始画面に注目

ART突入時の開始画面が内部モードを示唆している可能性があります。継続モードが高ければ、その分争忍モードやバトル人数、ベルリプレイ出現率に影響を与えることがあります。

 

画面に出てくる人物により継続期待度が確認でき、弦之介<朧<天膳の順に期待度が高くなります。継続モードは、奇数設定かつ高設定に優遇されている傾向があります。

 

継続モードが優遇されている場合、周期チャンスゾーン3やプレミアムバジリスクチャンス当選時などの状況での継続モードの振り分けについては、継続モード3  と継続モード4と2つのタイプがあります。継続モードが高いほど争忍モードの抽選が優遇されて継続しやすくなります。

 

追想の刻・争忍の刻の特徴と継続確定パターン

・追想の刻

ART前半パートの追想の刻では、10G中に全24話のお馴染みのアニメーションが流れます。各種抽選は開始時に「争忍モード」「朧モード」を抽選。ART消化中はレア役で継続ストックを抽選。設定6確定は、ART中にボーナス当選無く、40G継続した場合です。

 

・争忍の刻

争忍の刻ではバトル人数が多いほどチャンスは大です。また無双連撃が発生すれば、高確率でベルナビが発生します。相手に朧がいる場合にはストック抽選・エピソードバトル抽選が優遇されます。争忍モードでは、ベルナビ出現に注目!上位モードほどベルナビ出現率が上がるので、継続しやすい傾向にあります。

 

各継続パターンはこちら

【継続確定】

人数差が甲賀・伊賀3人以上。

(甲賀が多い場合には必要無いようです)

メンバーに弾正かお幻のどちらかでも参戦している場合には確定

 

【高継続モードの示唆】

人数が奇数VS偶数・偶数VS奇数(甲賀と伊賀の)が選択される。

 

【エピソードバトル勝利確定】

残り人数が1人のときにエピソードバトルに発展。

甲賀・伊賀どちらの場合でもその可能性があります。

 

【継続+朧モードの確定】

追想の刻が終了しても「ヒメムラサキ」(追想の刻の曲)が流れ続ける場合には高継続モードを示唆しています。バトルが終了してもチャンスがあります。

 

無想ポイントについて

先ほども少し触れた今回のバジリスク3におけるART中の演出の1つ無想ポイントについてです。

 

獲得チャンスパターンは4つあります

1)必殺技で撃破

2)連撃で撃破

3)甲賀の圧勝

4)1度に複数の敵撃破

 

恩恵としては、敗北まで継続するループストックが金7。次セットで消化してしまうがARTストックが赤7。瞳術チャンスへの突入が道術チャンス、そして真・瞳術チャンスではその名の通り真瞳術チャンス。これらのいずれかが溜まった無想ポイントに応じていずれかを獲得できるようです。

 

内部モードに2種類あり、1つは無想ポイントをセットごとにクリアしてしまうパターン、そしてもう一つはセット継続でクリアされないパターンです。後者の場合は、250pt以上で鬼哭啾々以上が確定となるので、無双ptを獲得しながら継続し続ければいつかは、鬼哭啾々に突入する時が来るということのようです。

 

無双連撃について

本作の無双連撃発生時には、ベルナビ高確状態となり、無双ポイントの大量獲得が期待できます。無双連撃突入条件としては、リプレイ7連以上の一部レア小役で突入する可能性があります。そして規定ベルナビ回数消化にて終了します。

 

当選率は以下のとおりです。

小役 当選率
リプレイ7連以上 33.6%
チャンスベル 100%
弱チェリー 0.8%
強チェリー 100%
巻物 40.3%

 

リプレイが7連した以降はリプレイのたびに抽選が行われます。無双連撃中やエピソードバトル中は突入抽選が行われないので注意が必要です。あまりにも少ないナビ回数では無双連撃画面に移行しない場合もあります。

 

・甲賀10人状態になると無双連撃が超高確率で発生する可能性あり。

リプレイ7連・レア小役で必ず無双連撃に当選すると言ってもよさそうです。1人目が倒される前に突入出来るかが鍵となります。

 

・エピソードバトルからも当選可能性あり

当選率は下がりますが、当選した場合のナビの回数は、断然エピソードバトルからの方が多いのが特徴です。基本12回以上のナビ回数が確定する模様です。

 

確率は以下を参考にしてください。

小役 当選率
チャンスベル 10.1%
強チェリー 10.1%
巻物 5.2%

 

激熱ART中演出

ART継続こそがバジリスクを打っている時の醍醐味と言ってもいいのではないでしょうか。ART中の激熱演出を抜粋してご紹介します。

 

継続確定

1)バトルメンバーに弾正かお幻が選ばれる

2)人数差が3人以上甲賀と伊賀にあること

 

ART開始画面

1)継続モード4確定→ 刻ランプ赤(天膳)

2)継続モード2以上確定→刻ランプ緑(朧)

3)全継続モードの可能性あり→刻ランプ白(弦之介)

 

バトル人数決定と継続モード示唆

夜叉丸&蛍火&小四郎&朱絹/継続モード3以上確定

弾正&お幻/継続モード4+継続確定

左衛門&お胡夷/継続モード2以上確定

これらの組み合わせは、継続モードを示唆します。ただし甲賀・伊賀いずれかが8人以上の場合は無効となります。

 

・BGM

1)WILD EYES/2セット以上の継続が確定

2)神風/継続+継続モード4以上のストック保持を示唆

3)ヒメムラサキ/継続+朧モード確定

4)甲賀忍法帖/継続確定

新曲の神風については、まだ聞いたことがないという人は、事前に聞いておくことをおすすめします。

 

争忍の刻中の背景について

1)城背景はセット数ストックありも確定

2)昼〜夕〜夜〜城の順で低〜高の争忍モードを示唆

 

ART継続モード

ARTの初当たり時の継続モードの振り分けは以下のようになっています。

設定 モード1 モード2 モード3 モード4
設定1 66.4% 22.6% 9.4%   1.6%
設定2 50.0% 43.7% 5.5% 0.8%
設定3 44.5% 37.5% 15.6%   2.4%
設定4 50.0% 43.7% 5.5% 0.8%
設定5 33.2% 37.9% 25.0% 3.9%
設定6 50.0% 43.7% 5.5% 0.8%

 

継続モードの振り分けは争忍モードや味方の数などに影響を及ぼしてART継続の鍵となります。今作のバジリスク3では、奇数設定ほど優遇されているようです。また単発当たりを出来るだけ回避できるようART開始1セット目はモードは優遇されている仕様になっているようです。

 

ARTストック上乗せゾーン

・鬼哭啾々について

決着!の次のレバーで突入確率のある鬼哭啾々。これに勝利することで、ARTストック上乗せゾーンをGETできる確率が高まるのですが、その条件を確認しておきましょう。

 

1)天膳撃破した場合には真・瞳術チャンス突入の可能性

2)天膳非撃破の場合には瞳術チャンス

 

この時天膳撃破の確率抽選はベルかレア小役時にて行われます。

 

鬼哭啾々中の撃破抽選確率は以下の通りです。

小役 当選率
チャンスベル・強チェリー・バジリスクチャンス 100%
弱チェリー 6.3%
巻物 12.5%
上記以外 2.3%

 

術チャンス・真・瞳術チャンス

瞳術チャンスで上乗せでは、継続G数20Gとなっており、消化中のバジリスクチャンスストックが確定することに加えて瞳術チャンス20G上乗せが期待できます

 

消化中のストック抽選は以下の通りです。

小役 ストック率
瞳術リプレイ 3.1%
チャンスベル 33.6%
弱チェリー 3.1%
強チェリー 50.0%
巻物 12.5%
バジリスクチャンス成立 100.0%

 

真・瞳術チャンスでは、継続G数20Gとなっておりストックが確定ることに加えて、真瞳術チャンス20G上乗せが期待できます。

 

消化中のストック抽選は以下の通りです。

成立役 ストック率
瞳術リプレイ 100.0%
チャンスベル 100.0%
弱チェリー 100.0%
強チェリー 100.0%
巻物 100.0%
バジリスクチャンス成立 100.0%

 

ちなみに真・瞳術チャンス突入の機会については、鬼哭啾々で天膳を倒すことができれば突入します。瞳術チャンスに比べても、ストック当選率が圧倒的に高いので引きたいですよね。

 

フリーズ演出

フリーズ演出は、プレミアムバジリスクチャンスの一部として位置付けられているようです。

 

フリーズ発生タイミングのタイミングについては、以下の2つが挙げられます。

 

1)プレミアムバジリスクチャンス成立の次Gレバーオン時

2)プレミアムバジリスクチャンス入賞時

 

フリーズ発生時の恩恵はプレミアムバジリスクチャンス突入と90%継続のARTさらにはセット数のストック2個が確定するようです。

スポンサードリンク




サブコンテンツ

このページの先頭へ